ガンバル塾生記録【第155回】プロゼミ2号館、中学1年生の男の子のご紹介です。

0

    ■ガンバル塾生記録■
    第155回[12/17(月)更新]

     

     

    2018年最後のガンバル塾生です。
    ご覧下さっている皆様、本当にありがとうございます。

    さてプロゼミ2号館、中学1年生の男の子。
    今年夏に入塾してくれた彼は、勉強に対する苦手意識の強い子。
    そのためもあってか、ご通塾を始めた当初は、

    どこか警戒するような様子がありました。

    今は彼の屈託ない笑顔を見るのが楽しみです!
    苦手なことでも頑張って考えてくれる、答えてくれる、
    どうしても分からなければ「分かりません」とはっきり伝えてくれる。
    最初のころの、どことなく諦めたような姿とは、全然違います。

    ご通塾下さる中で前向きさが加わり、

    柔らかく明るい笑顔が増えること、
    ものすごく嬉しく、有り難く思います。
    まだ中1。この先もどんどん変化してゆかれることでしょう。
    これからもよろしくお願いします!


    ガンバル塾生記録【第154回】プロゼミ3号館、中学3年生の女の子のご紹介です

    0

      ■ガンバル塾生記録■
      第154回[12/13(木)更新]

       

       

      プロゼミ3号館、中学3年生の女の子。
      小学生時からご通塾を続けてくれている彼女も、
      いよいよ受験を目前にしています。

      その昔、英単語が全然書けなかったころの彼女を知っています。
      単語テストの用紙、白かったなあ……!
      そんな彼女が、毎週の単語テストで全回満点を取った、
      唯一の中3になりました。

      一生懸命な子。頑張ってきた子です。
      そうして自分の現在に、未来に対して真剣なだけに、
      ここへ来て進路を選ぶ段階では、

      迷い、心が痛むこともあるでしょう。

      この苦悩こそが、彼女の頑張ってきた証だと思うのです。
      努力もせず、さほど意欲もなく、

      自分の進路に関して無自覚であれば、
      易きに流れるだけで、特に思い悩むこともありません。

      彼女だけではなく、すべての中3。道を選択する皆さん。
      頑張ってきたから辛いんです。
      誰だって辛いのは嫌です。

      でもそれは意味のないものではありません。
      努力した者にだけ訪れる試練です。価値あるものなんです。

      頑張ろうね。あと少しで春が来るよ。


      ガンバル塾生記録【第153回】プロゼミ3号館、中学1年の男の子のご紹介です。

      0

        ■ガンバル塾生記録■
        第153回[12/10(月)更新]

         

         

        プロゼミ3号館、中学1年生の男の子。
        最近表情が変わってきた、と感じる子の1人です。
        もちろん良い方に!

        夏過ぎから、疲れているのか、ストレスもあるのか、
        声を掛けても反応が遅れることがあり、
        その子本来の無邪気な明るさが、影を潜めていました。

        でも、11月の定期テスト直前ごろからでしょうか。
        キリッとして頑張る姿が続いています。

        「テストが終わった解放感で元気になった」のではなく、
        「テストを最初の契機として元気に頑張り続けている」彼、
        かっこいい!

        嫌なものが消えて明るくなるのは誰にでもあることですが、彼は真逆。
        困難に向けて頑張ることで、
        前に進む力をレベルアップさせたように見て取れます。

        いつも寒い中、自転車で来てくれる彼。
        息を弾ませながら見せてくれる笑顔、
        今週も待っています!


        ガンバル塾生記録【第152回】プロゼミ1号館、中学3年の男の子のご紹介です。

        0

          ■ガンバル塾生記録■
          第152回[12/6(木)更新]

           

           

          プロゼミ1号館、中学3年生の男の子。

          小学4年生のころから通塾してくれている彼。
          高校受験まであと3ヶ月だなんて!

          5年前を思い返せば、結構落ち着きのないちびっ子だったはず。
          それが今では、自分の進路に向けて歩む、立派な青少年です。

          けれども一貫して変わらないのは、その優しさだと思います。
          彼が人を悪く言ったり、攻撃的な態度をとったりするところなんて、
          とんと覚えがありません。
          中2の後輩の子も言っていました。先輩は優しい!!って。

          良いところをそのままに、大人になってゆく彼。
          その姿が、ものすごく嬉しいです。

          かつて卒塾なさった彼のお姉様も、次の進路を決めたと伺いました。
          時は流れ、皆変わっていきます。あたりまえのこと。
          けれど変わらない、大切なこともある。彼がそれを教えてくれます。

          来春、彼が望む場所で、新たなスタートを切ることを心から願います。
          そのための、試練の冬。……頑張ります!


          ガンバル塾生記録【第151回】スクールING、中学2年の男の子のご紹介です。

          0

             

            ■ガンバル塾生記録■
            第151回[12/3(月)更新]

             

            スクールING、中学2年の男の子。
            先日、期末テストで学年2位に輝きました。
            おめでとうございます!

            彼を見るとき、いつも感じるのは「落ち着き」。
            部活動も忙しいはずの彼。
            けれど、ぐったりして何も手につかない……なんてことも全然なく、
            焦ることもなく、浮つくこともなく、
            丁寧に考え、冷静に筆記具を走らせる姿が印象的です。

            その落ち着きが常にブレない。素晴らしいと思います。
            恐らくはテスト中も、今までに積んできた力を
            丁寧に丁寧に発揮したのです。

            それでもテスト結果を教えてくれるとき、
            綺麗な筆跡でありつつも、
            枠から少しはみ出すように記された「2」。
            落ち着いた彼の内面の喜びを表しているようで、
            こちらもビックリし、嬉しくてなりませんでした!


            ガンバル塾生記録【第150回】プロゼミ2号館、小学5年の女の子のご紹介です。

            0

              ■ガンバル塾生記録■
              第150回[11/29(木)更新]

               

               

              プロゼミ2号館、小学5年の女の子。
              最近「書くスピードが上がった!」と感じる子です。

              彼女の筆跡は、実に几帳面。
              英語のアルファベットなど、
              お手本をそのままなぞったような整いぶりです。
              その丁寧さのため、やはり時間はかかりがち。

              ところがここのところ、明らかにスピードが上がってきました。
              かと言って丁寧さを犠牲にするわけでもなく、
              「綺麗かつ速い」という、最強の状態に近付きつつあります。

              思えば、中学部にいる彼女のお兄様こそ「綺麗かつ速い」。
              すごく良いところが共通してきたなあ……!

              丁寧な文字は、見る者の胸を打ちます。
              その子の真剣な取り組みを、雄弁に物語るからです。
              彼女はまだ小5。
              これからもどんどん変化・成長するでしょう。楽しみです!


              ガンバル塾生記録【第149回】スクールING、中学3年の女の子のご紹介です。

              0

                 

                ■ガンバル塾生記録■
                第149回[11/26(月)更新]

                 

                 

                スクールING、中学3年の女の子。
                苦手な数学と戦う彼女。
                丁寧な分、取り組みに時間が掛かってしまうのが
                悩みでもあります。

                先日は合宿事前課題の提出日。
                計算をメインとする課題なのですが、
                一生懸命に挑戦した跡が見られました。

                その中の1問、控えめに「わからん」とメモされた問題。
                どちらかというと女の子っぽい彼女なだけに、
                渋い「わからん」一言に苦悩がうかがえる……!

                そこで「わからん」問題を彼女に説明し、
                解決した彼女は笑顔を見せてくれました。

                苦手でも何でも果敢に頑張る子は、偉いです。
                間もなく中3は学力調査に立ち向かいます。
                数々の「わからん」との戦いの成果を、彼女が、
                そして皆が発揮できること、心から願います!


                ガンバル塾生記録【第148回】まいぜみONE高校部・高校1年生の女の子のご紹介です。

                0

                  ■ガンバル塾生記録■
                  第148回[11/22(水)更新]

                   

                  まいぜみONE高校部、高校1年生の女の子。

                  小学生のころからのご通塾。
                  当時の可愛らし〜い間違いなどを覚えているため、
                  今、自分で選んだ進路を立派に歩んでいることに、
                  深く感動します。

                  今の、彼女と私との接点は小論文。
                  彼女の文章は、怒涛の勢いが持ち味!
                  ほとばしるような思考を感じます。

                  それが仇となり、説明不足や独走状態に陥ってしまうのが弱点……
                  しかし!「書けること・書きたいことがない」よりも、
                  何と前向きで、発展性のある弱点でしょうか。

                  多少言葉足らずな面はあろうとも、
                  情熱をぶつけるような彼女の小論文は、私の毎週の楽しみです。
                  きっとこの先、大化けするぞ!と内心にやにやしています。
                  今週も待ってるよ!


                  ガンバル塾生記録【第147回】スクールING、中2の男の子のご紹介です。

                  0

                    ■ガンバル塾生記録■
                    第147回[11/19(月)更新]

                     

                    今週定期テストを迎えるスクールING、中2の男の子。
                    授業中の真剣さ、実際の反応、とても頑張っている子です!
                    不得意なのは数学。そうは言っても、
                    授業中の様子を見ていれば決して悪くありません。

                    ですから正直に言うと、
                    もっと点数を取る力があるはずなのに!と感じる子の1人。
                    昨日、期末テスト直前ガンバルタイムのとき、
                    ご本人と話をしました。

                    彼いわく、学校で実際に教わっていない、
                    別クラス担当の先生が作成なさった問題で混乱してしまうそう。
                    困ったような、柔らかい笑顔で打ち明けてくれました。
                    なるほど……。
                    頑張って授業に集中しているからこその悩みでもあるのかな。

                    問題作成者に関わらず、その分野に自信を持てる力を培う。
                    そうして、頑張ったからできた・嬉しい!
                    という達成感を味わわせてあげたいと心から思います。
                    真面目に頑張る子に報われてほしい。
                    そのために、私たちも頑張ります!


                    ガンバル塾生記録【第146回】プロゼミ1号館、中学2年の女の子のご紹介です。

                    0

                      ■ガンバル塾生記録■
                      第146回[11/15(木)更新]

                       

                      最近少し元気がないかな……という日の続いていた、
                      プロゼミ1号館、中学2年の女の子。
                      以前ならさっと1回で合格していたような塾内テストでも、
                      精彩を欠いていました。

                      どうにも心配でならなかったのでお話をし、
                      大丈夫だよ、間に合うよ!と励まして迎えた、
                      先日の再テスト。
                      見事に頑張ってきてくれました!!

                      しっかり勉強し直してきてくれなければ、こんなにできない!という結果。
                      そして明るい笑顔と明るい声。
                      テスト1つを通じ、彼女は自分をもう一度奮い立たせようと
                      頑張ってくれたのだと思います。

                      前向きになれないときに、頑張ることができた彼女。
                      その日頑張れたことが、点数よりも何よりも、
                      彼女の強さを表していると思います。
                      かっこいいよ!そして心から応援しているよ!


                      | 1/5PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM