熊の熱き想い143【講師コラム】ずっと同じトレーナーを着ている理由

0

    ■感無量です!!

     

    向上館の中3生38名全員が志望校に合格した。

    想いひとしおの今、改めて。。

     

    皆、合格おめでとう!!

    親御様、ご卒業・ご進学おめでとうございます!!

     

    これ以上この流れで書いていくと止まらないので。。

    話題を変えて書きます。。

     

     

    ■赤色の極トレーナー

     

    もう半年以上。。僕はずっと同じトレーナーを着ている。

    赤色の極トレーナーだ。

     

    極トレーナーは、中3の冬の勉強合宿「極」で配布するもの。

    現高校1年生の代の時に配布したのが、赤色の極トレーナー。

    それを向上館にいる時は必ず着ている。

     

    誤解のないように!!。。汗

    洗濯もせずに半年以上着ている、のではなくて。。

    同じものをたくさん持っているので、交互に着ている。

     

     

    ■なぜ着ているのか?というと…

     

    着る服がない!!というわけでは決してない。

    むしろ。。実は何気にオシャレ好きな僕。。笑

     

    ずっと同じトレーナーを着ている理由。

    それは「想い」あってこそ、だ。

    受験への想い、日々への想い、過去と未来への想い、等々。

    具体的にはここでは書かないでおく。

     

    中3生の受験を終え、来週には高3生の受験も終える。

    今日も相変わらず着ているのだが、それももうすぐ終える。

     

    何事もそうだが、人は「想い」あってこそ。

    その「想い」が強ければ強いほど、逞しく前進出来るはずだ。

    同じ服を着続けよう!という意味ではなく。。

     

    今日もアツく駆け抜けていく。

     

    熊(熊谷)

     


    熊の熱き想い142【講師コラム】一生懸命はやっぱりカッコイイ!

    0

      ■会話の中で…

       

      とある大人との会話の中で…

      「頑張らない方がカッコイイですよね?」

      と僕に聞いてきた方がいた。

      ※本人(昔の友人)承諾のうえでこのコラムを書いています…笑

       

      「何で?(半分プリプリ…)頑張る方がカッコイイでしょ?」

      と僕は即座に答えを返したのだが…

      そうやって考えたり言ったりする気持ちも理解出来た。

       

      多感な?時期であれば尚、スマートな姿を周りに見せたくなる。

      泥臭く…必死に…なんて姿を見せるのは…という気持ちだ。

      振り返ると…僕自身もそう思った(思う)こともある。

       

       

      ■頑張らないのじゃなくて…

       

      天才とは努力の達人である。

      有名なコトバだが、僕もその通りだと考えている。

      頑張らないのじゃなくて、あくまで「頑張る姿を見せない」こと。

       

      そうであれば、頑張らない方がカッコイイというコトバも納得。

      でも!!単純に「頑張らないで何かを成したい」は…カッコ悪い。

      生きているうえでの何事においても、安近短はないはずだ。

       

      とある方にも…上に書いたようなことを話したのだが、

      …この方は安近短を求めていただけ…だった。オイオイ…。

      当然ながら、その後もあれやこれやと僕は話をした。

       

       

      ■親御様もご存知の通りで…

       

      近年、増えているのがこの考え方でもある。

      単純に「頑張らないで何かを成したい」という考え方。

      進路選択や職業選択においても、それを望む場合もある。

       

      一人でいる時も…周りに誰かがいる時も…頑張りたくない。

      近くて…短くて…楽な道であればそれでいい。

      でも!!それってどうなのだろう。僕は良くないと考える。

       

      一生懸命はやっぱりカッコイイ!!間違いない。

      頑張る姿を見せようが見せまいが、時に立ち止まろうが…

      自分自身がどんな良い状況だろうが悪い状況だろうが…

      一生懸命であることを大切に考えるって素晴らしいことだ。

       

      僕自身もまだまだ甘ちゃんなところがあるのだが…

      こういった気持ちを大切にしていきたい。

       

      明日もガンバリマス!

       

      熊(熊谷)

       

       

       

       

       

       

       


      熊の熱き想い141【講師コラム】今日よりも明日!の気持ちが大事!

      0

        ■まだ落ち着かない僕なのだが…

         

        今日3月4日は2019年度スタートの日。

         

        先日送り出しを終えた現中3は、公立高校入試直前。

        国公立大学の中期・後期に臨む現高3は、ファイナルスパート期。

        気持ちのうえでは…まだ落ち着かない僕なのだが…

         

        とにもかくにも、新年度が始まった。

        創業12年目の戦いの幕開けでもある今日。

         

         

        ■時を結んでいく気持ち!

         

        静岡に移住してからこれまでの11年間をふと振り返る。

         

        あっという間に時が過ぎていったなぁと感じるその一方で、

        もっと〜しておけば、あの時に〜していれば、とも感じる。

        何の悔いもなくパーフェクト!の11年間では無い。

         

        ただ、いつも「今日よりも明日」の気持ちを持ち続けてきた。

         

        過去が今を創り、今が未来を創る。

        僕の好きなコトバのひとつだが、人生ってそういうものだ。

        後戻り出来ないからこそ、時を結んでいく気持ちが大事だ。

         

        何とかここまで…歩んでくる事が出来た。

         

        これで良し!なんて一切考えずに、前進を続けていきたい。

        子どもたち・親御様と対峙する仕事なのだから、なおさらだ。

        これからも時を結んでいく気持ちを持ち続けていく。

         

         

        ■強く逞しく未来を創りたい

         

        さりげなく…向上館日記の別記事で書いたが…

        今春、新たに「解決JUKU・合格JUKU」をスタートさせる。

        近々に通塾生にもご案内を開始する。※しばしお待ちを…

         

        変化や挑戦を恐れる事無く、強く逞しく未来を創りたい。

        ある意味…幼稚な45歳ではあるけれど…これが僕の生き方だ。

        熱く、厚く、アツく、駆け抜けていく。

         

        気合いを入れ直して、戦いの幕開けだ!!!!

         

        熊(熊谷)

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        熊の熱き想い140【講師コラム】公立高校受験生と親御様に読んで欲しいコラム・・・ガンバレ!!受験生!!!!

        0

          ■残り11日だ

           

          今日は2月22日。

          あっという間に時が過ぎていくのを感じている。

           

          公立入試に挑む中3生のカウントダウンが始まっている。

          今日を含めて・・・残り11日。

           

          来週水曜日には、志願変更後の最終倍率が発表。

          中3生も、親御様も、様々な想いを抱く今。

           

          僕も想いを込めて、後押ししたい。

          ガンバレ!!受験生!!!!

           

          =====

           

          ■直前期のアドバイス!

           

          生活時間を朝型に切り替えましょう!

          最終確認を5科目でしっかり行いましょう!

          緊張せずに力を発揮しましょう!

          ・・・といった当たり前のアドバイスはしないでおく。

           

          ●広い視野で受験を捉えよ!

          大事な岐路となる受験だからこそ・・・皆が不安になる。

          大丈夫だよ〜と言っている子も、100%安心じゃない。

          思い通りに解答用紙が埋まるか・・・と皆が緊張する。

          あいつはスゴイな〜と感じている子も、普段とは違う。

          不安になっても、緊張しても、全く問題ない。

          差異はあれど皆同じなのだから、気にしなくていい。

          自分と同じような子はたくさんいるのだから。

           

          ●まだ伸びる!

          ここからの11日間は最終調整の期間だ。

          分かると出来るは違う・・・苦手なものと得意なものが・・・

          これも皆同じなのだから、あれこれ考え過ぎないこと。

          今これをやればプラスになる!ものをとことんやる。

          今これをやらねばマイナスになる・・ものをとことんやる。

          気持ちを高めて目の前のものにガムシャラに取り組みべし。

          但し、欲張って手をひろげすぎてはいけない。

           

          ●モチベーションで得点は変わる!

          高校受験に長く関わってきて強く感じていること。

          解答用紙を埋めるテストも、そこに向かっていく勉強も、

          何としてでも!!の高めた気持ちの有無で得点は変わる。

          気持ちが高まらない勉強ならば、即座に切り替えること。

          何とかなるさ!と自分を導く術を見つけていくこと。

          これは決してムダなことじゃなく、生きる力にもなる。

          受験勉強が持つ価値のひとつ。そう考えればいい。

           

          ●そうは言っても・・・どうしよう・・・の場合

          ここまで書いた3つのアドバイスとは別に・・・

          学校の先生や向上館の講師陣からの具体的指示と提示がある。

          ひとつひとつ確実にやりきるのが鉄則ではあるけど、

          少しだけ・・・英語と社会で僕なりのプラスαの施策を書く。

           

          =====

           

          ●英語のプラスα勉強について

          ★得意な子=過去問の長文本文や対話文本文の読み込み

          ※既に出題された問題の解き方云々ではないので注意

          ※本文の英文構造や資料読み取り等を英文和訳等で確認

          ★苦手な子=教科書巻末にある基本文と単熟語の確認

          ※各学年のまとめでもあるので鬼確認

          ※ひたすら書く!のは意味がないのでダメ

          ★全員共通=模擬試験と模擬試験冊子問題のやり直し

          ※各回のストック分で不正解or微妙なところのみ

          ※これは英語に限らず5科目で有効

          ★その他=英作文は「得点をとる」ものを書く!

          ※あくまで設問の条件に合っていれば良い!

          ※文法知識過多は減点・失点を招く恐れあり!

           

          ●社会のプラスα勉強について

          ★得意な子=一問一答の「右⇒左」

          ※記述できるように「解答欄⇒設問」で確認

          ※ひたすら書く!のは意味がないのでダメ

          ★苦手な子=一問一答の「左⇒右」

          ※語句が分かるように「設問⇒解答欄」で確認

          ※ひたすら書く!のは意味がないのでダメ

          ★全員共通=歴史教科書の年表と地図帳の確認

          ※年表は縦のつながりと横のつながりを徹底

          ※地図帳は各所資料や各所説明部分を徹底

          ★全員共通=模擬試験と模擬試験冊子問題のやり直し

          ※各回のストック分で不正解or微妙なところのみ

          ※これは社会に限らず5科目で有効

          ★その他=記述問題は「得点をとる」ものを書く!

          ※あくまで設問の条件に合っていれば良い!

          ※おおまかに書かずにキーワードを確実に入れる!

           

          =====

           

          ■最後にもう一度!

           

          不安になっても、緊張しても、全く問題ない。

          差異はあれど皆同じなのだから、気にしなくていい。

          自分と同じような子はたくさんいるのだから。

           

          残り11日を全力でやりきれ。

          健康管理はもちろん大事。でも、時間を詰めに詰めよ。

          最後のひと踏ん張りは「当日の強さ」につながる。

           

          ガンバレ!!受験生!!

           

          熊(熊谷)

           

           


          熊の熱き想い139【講師コラム】メッセージ 〜悩めば悩むほどに人は成長出来る〜

          0

            明後日15日は静岡県私立高校の合格発表日だ。

             

            例年通り、中3全員の結果を当日は受け止める。

            毎年同じように繰り返している節目の日だけど、

            ナニモカモスベテガマッタクオナジ受験生はいない。

             

            一人一人の足跡をありったけ思い出しながら、

            一人一人の想いをありったけ考えながら、

            15歳の花道の第一章の幕引きをしたい。

             

            =====

             

            悩めば悩むほどに人は成長出来る。

             

            先日、とある中3生と話をして改めて感じたことだ。

            その想いを汲み取って、僕は強く心を打たれた。

            この時期、様々思い悩む受験生がいる。

             

            私立公立・レベル云々に限らず、理由の如何を問わず、

            受験校決定は人生の岐路となる大切なものだ。

            そしてそれは、理想と現実の狭間の中で最終決定する。

             

            ある意味、受験校決定は残酷なものでもある。

            だから、もがき苦しむ子もいる。

             

            =====

             

            とある中3生へ。

             

            今君が悩んでいることは、きっと財産になる。

            辛い時は僕にぶちまければいい。しっかりと聞くぞ。

            悩んでいる自分自身を恥じることはしなくていい。

             

            今君が分からなくても、年月が経ってから分かることもある。

            苦しい時でも逃げずに勉強しよう。何とかなるさの気持ちだぞ。

            家族にあたりすぎは良くない。少しだけ我慢しなさい。

             

            家族は君の事を心から想っている。

            気持ちが一段落して余裕が出来たら、感謝の気持ちを伝えるべし。

            今の君もこれからの君も、家族と共にあるのだから。

             

            人生の岐路は高校受験だけじゃない。

            これから先、何度もここ一番の時はやってくる。

            そのための勉強をしている!と想えばいい。それでいい。

             

            悩めば悩むほどに人は成長出来る!!

            君だけじゃなく、僕もそうだぞ。人間は皆がそうだ。

            だから、大丈夫。

             

            =====

             

            ガンバレ!!受験生!!!!

             

            熊(熊谷)

             

             

             

             


            熊の熱き想い138【講師コラム】大詰め

            0

              ■中3は大詰めの時期だ。

               

              私立高校の合格発表まであと数日。

              それを終えると・・・

              公立高校入試前の4本立てがやってくる。

               

              ・願書受付期間

              ・志願倍率発表

              ・志願変更期間

              ・最終志願倍率発表

               

              志願変更の有無や最終志願倍率を受け止めて、

              3月の入試当日へと進む。

               

              大詰めだ。

               

              ■もう一度繰り返して…大詰めの時期だ。

               

              既に倍率予測は出来ている。

               

              およその見通しであるが・・・

              昨年度と比べての志願者増と志願者減。

              高校や科によって様々な動きがある。

               

              厳しい受験になるであろう中3もいる。

               

              これまでの足跡をずっと追いかけて考えながら、

              何としても合格を果たして欲しいと強く願う。

              進路指導には重い責任があると考えている。

               

              僕にとっても、受験生にとっても。

              親御様にとっても、家族にとっても。

              まさに大詰め=ここ一番の時期だ。

               

              ■あと僅か…だからこそ。

               

              向上館で中3と過ごす日々はあと僅か。

               

              精一杯向き合い、精一杯考え抜き、

              これまで通り「明るく・厳しく・元気よく」で、

              同じ時間を共有していく。

               

              ガンバレ、受験生。

               

              熊(熊谷)

               

               


              熊の熱き想い137【講師コラム】お疲れ様でした!!!!

              0

                昨日今日は私立高校入試日。

                 

                単願の子にとっては15歳の花道の本番を終えた。

                併願の子にとっては15歳の花道の序章を終えた。

                 

                まずは…お疲れ様でした!!!!

                 

                ======

                 

                様々な選択肢がある中で決定した受験校だ。

                どの子も、どの親御様も、

                自分の、我が子の、受験校は特別なものだ。

                 

                内申が〜、校風が〜、部活動が〜、とは別物の、

                様々な根っこの想いがそこにはある。

                 

                先日の私立高校入試前・・・神社に祈願に行った際、

                中3生一人一人のことを自分なりにあれこれ考えた。

                毎年同じように繰り返していることだ。

                 

                ●●は入塾した頃は▲▲だったなぁ・・・とか、

                ■■は秋から●●になったなぁ・・・とか、

                ▲▲は最近まで■■って言っていたなぁ・・・とか、

                一人一人に根っこの想いを振り返った。

                 

                目に見える明確なものだけで決めたわけじゃない、

                自分だけの、我が子だけの、受験校だ。

                 

                特別なものに対しては、僕自身も特別な想いを。

                その気持ちを持つことは大切な事だと考えている。

                だから、毎年繰り返している。

                 

                ======

                 

                切り替え。

                 

                私立単願の子は発表を挟んで、高校入学以後に向けて。

                私立併願の子は発表を挟んで、公立高校入試に向けて。

                間髪を入れずに切り替える。

                 

                大事な、大事な、2月。

                お疲れ様!と想いながらも・・・すぐに駆け出していく。

                 

                でも・・・ひとまず・・・お疲れ様でした!!!!

                 

                熊(熊谷)

                 

                 


                熊の熱き想い136【講師コラム】そんな時でも父は強かった。

                0

                  ■先日の成人式をきっかけに・・・

                   

                  先日の成人式、かつての塾生たち送られてきた画像。

                   

                  立派に成長した姿を見て、胸が熱くなった。

                  大木のコラムにもあったが、僕自身の決意も新たに、

                   

                  で、ふと思い出した。

                   

                  彼らが中学3年生で受験間近の時、

                  僕の父は食道癌のステージ4の状態で入院していた。

                   

                  静岡から岩手の病院までは距離がだいぶあったが、

                  日帰りや1泊の弾丸帰省を繰り返していた。

                   

                  いよいよ危ないという最後の1週間は、

                  塾を休んで、ずっと病院で父に寄り添っていた。

                   

                   

                  ■この頃の熊谷家の状況は・・・

                   

                  父は緩和ケア病棟、母は介護施設、僕は静岡の向上館。

                   

                  先に書いた状況の父を、母は看ることが出来ない状況だった。

                  この頃の母は認知症がひどかったからだ。

                   

                  普段は姉に父母に関する諸々全てを任せっきりだった。

                  弾丸帰省と最後の1週間で、少しだけの親孝行だった。

                   

                  受験生を置いて・・・岩手に帰ることは出来ない、

                  という僕の気持ちに待ったをかけてくれたのは、

                  当時の中学3年生=先日成人式を終えた子たち、だった。

                   

                  彼らに背中を押されて・・・最後の1週間、父に寄り添った。

                  プレゼントされた千羽鶴やお手紙と共に。

                   

                   

                  ■ご存知の方も多いですが・・・

                   

                  癌治療には苦痛を伴う場合がある。

                  ステージが上がれば、それだけ大変な事もある。

                   

                  摘出・抗癌剤・放射線、とフルセットで戦った父。

                  医者や看護師の方々に「大変なはずですよ」と言われたが、

                  父の口から「痛い」「もう嫌だ」「苦しい」の言葉を、

                  僕が直接聞いたことは1回もなかった。

                   

                  苦痛に表情をゆがめる事はあったけれど、

                  姉は何回か苦痛に対する言葉を聞いたようだけれど、

                  僕は言葉として聞いた事は1回もなかった。

                   

                  そんな時でも父は強かった。

                   

                   

                  ■究極の「親の背中」

                   

                  子どもは親の背中を見て育つ、という言葉がある。

                   

                  息子である僕に一切の弱音を吐かなかった父は、

                  最後の最後に「強く逞しい背中」を見せてくれたのだと想う。

                   

                  僕は父と同じように出来るだろうか。

                  たぶん父は・・・「お前には出来ないぞ」と笑っているだろう。

                   

                  同じように・・・

                   

                  塾生は講師陣の背中を見て育つ、とも言える。

                  僕はよく「率先垂範」という言葉でこの事を表すが、

                  出来る限り、強く逞しい背中を見せていきたいと想う。

                   

                  今日もフルパワーで臨む!!!!

                   

                  熊(熊谷)

                   

                   

                   

                   


                  熊の熱き想い135【講師コラム】完全防備!での中2&中3爆裂講座です!!

                  0

                     

                     

                    ■インフルエンザ感染が拡大中!

                    1月19日、中2&中3の爆裂講座実施日。

                    総勢29名が週末土曜日の60分講座に来てくれた。

                    …現在、各地域でインフルエンザが猛威をふるっている。

                    受講生全員でマスク着用&手消毒実施の完全防備。

                    健康第一!皆、気を付けろよ!!

                     

                     

                     

                     

                    ■今日は共通テストを実施です!

                    これまでの静岡県高校入試の出題傾向を踏まえて…

                    地理&歴史の110問テストを実施。

                    爆裂講座はライブ授業を進めている講座だが、

                    節目節目ではテストを実施している。

                    テスト問題はくまっちオリジナルで愛情たっぷり!?

                     

                     

                     

                     

                    ■短時間講座でも来てくれる子のために!

                    週末土曜日の60分講座=短時間講座、だ。

                    中3は昼過ぎからのロングラン!の一環だけど、

                    中2の中にはこの僅か60分のために来てくれる子もいる。

                    だから、モロモロスベテを万全の準備をしている。

                    感謝の気持ちを込めて…僕に出来ることを!

                     

                     

                    ■話を戻して…健康第一!

                    当たり前だけど…やっぱり「笑顔&元気」が一番。

                    インフルエンザに負けずに、体調を崩さずに、だ。

                    ちょっと体調が微妙だな…と感じたらお休みすることも大切。

                    時にはムリ・ムチャも必要だけど、基本は健康第一!!

                    ガンバレ!爆裂講座受講生!!

                     

                     

                    熊(熊谷)


                    熊の熱き想い134【講師コラム】2019年を始めるにあたって

                    0

                      ■謹賀新年

                       

                      明日1月3日から2019年の指導が始まる。

                       

                      平成から新元号へと変わる、創業12年目の今年。

                      2019年も、どうぞ宜しくお願い致します。

                       

                       

                      ■その先へ!!

                       

                      変化や挑戦を恐れずに、逞しく前進し続けたい。

                      創造と解決のマインドで、逞しく前進し続けたい。

                      子どもたち云々じゃなく、我々講師陣の想いありき。

                       

                      目に見える成果と見えない成果への想い。

                      〜先生と呼ばれるのはあくまでも呼称という想い。

                      想いを大切にカタチを創り上げていくことありき。

                       

                      理想と現実をしっかりと謙虚に捉えて・・・

                      その先へ!!と突き抜けたい。

                       

                       

                      ■子どもたちと共に

                       

                      全ては、子どもたちの向上のために。

                      基本理念の一節にあるコトバ。

                       

                      これは、美辞麗句を文言にしただけじゃなく、

                      その裏には別の意味がある。

                       

                      子どもたちの向上のために、我々講師陣が向上を。

                      皆が向上すれば、皆が幸せになる。

                       

                      子どもたちと共に、だ。

                       

                      2019年、どうぞ宜しくお願い致します。

                       

                      熊(熊谷)

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/15PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM