June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【講師コラム】熊の熱き想い154・アツい夏が来る…!!

熊谷の講師コラムです!

肩の痛みに耐えて奮闘中です!!

» read more

熊の熱き想い153【講師コラム】(慣れ+甘え+依存)×疲労が起こる時期です!

■もうすぐ6月になる

 

5月病というコトバがある。

各学校では…体育祭・宿泊型体験・修学旅行等の各種行事の開催が。

 

今から1ヶ月ほど前のゴールデンウィーク10連休もあり、

10連休とはいえ…部活動やクラブ活動等で何かと忙しかった場合も。

 

さらに…この時期に定期テストが行われる学校も。

そんなこんなで心身のリズムを崩す子も増えてくる時期だ。

 

 

■進級・進学から約2ヶ月経った

 

子どもたちが新しい環境に身を置いてから約2ヶ月経った。

大人の感覚とは違って、多感な時期でもあるわけで。

 

各種行事+ゴールデンウィーク+定期テスト=負荷、がかかる。

加えて、これらは新しい環境で行われている。

 

小さな変化のひとつひとつを見つめていくことが大切だ。

とにかくガンバレ!!と言うだけじゃ足りない。

 

 

■4点セットに要注意!

 

熊谷式?=(慣れ+甘え+依存)×疲労、の4点セットであるかどうか。

子どもたちの背中をグッと押すか否かの見極めでもある。

 

単純な疲労であれば…

時には心身の健康のために休む・リフレッシュすることも必要だ。

ほんの少し立ち止まることも大切な学び。

 

単純な疲労の裏側に、慣れや甘えや依存があるのであれば…

立ち止まること以上に、乗り越えさせることが大切だ。

乗り越えなくてイイ!の経験が増えるほど、逞しさは失われていく。

 

これはマズイ!のは…

慣れもアリ、甘えもアリ、依存もアリ、とどめに疲労…の状態。

加えて…疲労の質がSNS・ゲーム・遊びが中心である状態。

 

 

■家庭内だけじゃなく見据えること

 

学校の先生方や塾講師ナドナド、関わる大人全ての導き方が大切だ。

これは家庭の問題だ!なんてことじゃない。

 

千差万別の価値観の中で、強さより弱さがクローズアップされる。

大切なのはその中身をしっかりと見据えることだ。

 

そんなこんなで…この時期の僕はいつも以上に気を遣う。

森を見ることじゃなく、木を見ることに集中する。

 

たくさんの深い想いを込めて…

今日もフルパワーで駆け抜けていく!!

 

熊(熊谷)

 

 

熊の熱き想い152【講師コラム】法人の舵取りとブラックボタン

■何やかんやとある…

 

2010年に法人化してから、早いもので今は2019年。

もうすぐ節目の10年を迎えることになる。

 

今年10月の消費税率アップが実施されるか否か…

2%アップは何気にボディブローのように効く…

 

法人の舵取りをしている方はよくよくお分かりかと思うが、

社会保険料・法人税・消費税の支払いはマッタナシでやってくる。

 

向上館は8月決算。

今期も何とか無事に終えることが出来そうだ。

 

 

■ふと「ブラックボタン」を思い出した

 

小学生の頃、自転車であちこち駆け巡っていた。

探検!と言って、山の中に入っていったり…

秘密基地をつくる!と言って、河川敷でゴソゴソしてみたり…

友人と「ブラックボタン」というチームをつくった笑

 

会員証?をつくり、規約?をつくり、運営計画?をつくり、

ある意味、小学生にとっての会社的な?チームだった。

そんな「ブラックボタン」の、ある日のワンシーン…

 

自転車で遙か彼方の牧場へ向かった。

牧場に到着してほどなく…牛に追いかけられた…

猛烈ダッシュで自分に向かってくる牛の姿を鮮明に覚えている。

牛ってこんなに走るんだ…というくらいの猛烈ダッシュの牛。

牧場から帰ってきてから「ブラックボタン」の改善案?をつくった。

小学生の僕にとって、ホンキの牛の姿はあまりにも強烈だった。。

 

今は向上館の舵取りをしている僕。

この「ブラックボタン」と同じようなことをしている。

 

 

■もっと成長したい

 

舵取り役としても、講師としても、人間としても。

この先を生きていくうえで、もっと成長したい。

 

まだまだ至らぬ点を改善し、出来ないことを減らしていきたい。

振り返りを欠かすこと無く、積み重ねの密度を濃くしていきたい。

 

日々是向上、日々是好日。

今日も張り切ってフルパワーで駆け抜けていく!

 

熊(熊谷)

 

 

熊の熱き想い151【講師コラム】想いを受け止めること※再掲

■昨年の11月に書いたコラムをもう一度

 

熊の熱き想い128で、こんなコラムを書いた。

↓↓

 

各教場でテスト対策が行われている11月。

 

中学生の後期中間・2学期中間テストに向けて・・・

土日曜日は3週連続のガンバルタイムだ。

 

子どもたち・講師陣に負荷がかかるこの時期だが、

だからこそ、立ち止まって考えないといけない。

 

その中のひとつで想うこと。

それは、親御様・親の想いを受け止めること。

 

まずは講師陣。

 

塾生=親御様でもあるということ。

我が子を塾に託してくれているということ。

我が子の未来への想いを対価と共にだ。

 

そして子どもたち。

 

自分=親でもあるということ。

塾に来ることが出来るのは親のおかげだということ。

過去・現在・未来の自分は親あってこそだ。

 

ここ最近の・・・僕と子どもたちの対話の一部。

ふと振り返って、このコラムを書くことにした。

 

僕「テストが近いからガッチリやれよ!(宿題配布と共に・・・)」

A「忙しくて時間がない〜!!」

僕「・・・売れっ子の芸能人か!(よく切り返す瞬間的フレーズ・・・)」

A「ちゃんとやりますけど・・・・」

僕「何??」

A「家だと親がうるさいからヤル気にならない〜」

僕「だから?」

A「だって・・・●●▲▲■■・・・(あれこれと発散中・・・)」

僕「で?」

A「でも〜●●▲▲■■・・・(色々と論じ中・・・)」

僕「へ〜・・・で?」

A「だから・・・(ゴニョゴニョ中・・・)

僕「俺が想うのはな・・・」

 

俺が想うのはな・・・の続きで言ったこと。

 

・興味があって好きだから、親はうるさく言うこと。

・それはとても幸せなことであり、ありがたいこと。

・そもそも時間がないではなく、時間は創るもの。

・自分は〜じゃなく、周りやその先を考えること。

・だって〜でも〜は通用しない時がやがて来ること。

・親はそれが分かっているから、言っているということ。

 

そして・・・最後に・・・

僕「大したことないんだから、やれよ!(ガツンと・・・)」

A「頑張ります〜」

 

もちろん、全ての子どもたちとの対話ではない。

揺るぎなくやりきる子もいるし、それを見つめる親御様も。

様々な子どもたちがいて、親御様のスタンスも然り。

 

書いた対話の一部の中には、僕なりのテクニックもある。

それが完全無欠の正しいものだとは想っていない。

でも、根っこはハッキリしている。

 

講師陣も、子どもたちも。

親・親御様の想いを受け止めること、だ。

 

ガンバレ!!テスト対策中の中学生!!

 

熊(熊谷)

 

 

熊の熱き想い150【講師コラム】スマホやタブレットを手放せない子

■以前もコラムに書いたけど・・・

 

時代の変化・流れは目まぐるしく且つ急速だ。

スマホやタブレットを手放せない子も増えた。

 

様々な活用が出来る便利なモノではあるが…

大半の子は「SNS・ゲーム・動画」が主目的になっている。

 

気付けば・・・あっという間に数時間。

気付けば・・・あれやこれやで頻繁使用。

スマホやタブレットは「過ごし方」を変えるモノでもある。

 

 

■楽しいモノではあるけれど…

 

LINEやTwitterは厄介(←僕の個人的見解)で…

何てこと無いコミュニケーションをいつでもどこでも行う。

 

オンラインゲームや動画も厄介(←僕の個人的見解)で…

コミュニケーションを取りつつ、無尽蔵の楽しさがある。

 

今の時代、これらは人間関係を構築しているものでもある。

相手が増えれば増えるほど、自分が受け身の対応は増える。

エンドレス状態が幅をひろげつつ構築されていく。

 

 

■たまには触れない時間も欲しい!

 

食事中も、トイレの中でも、布団の中でも、という子もいる。

電車やバスでの移動中も、勉強中も、はもはや主流派だ。

 

以前もコラムに書いた通りで…

便利なモノを使いこなすというより使われる子も多い。

単純に楽しい!がゆえに、ただそれだけを優先してしまう。

 

せめて食事中は…せめて勉強中は…無くても良いのでは。

日々の過ごし方の中で、どこかで歯止めも必要な気がする。

 

 

■使いこなすかor使われるか

 

適度に上手に生産性を認識して、きちんと使いこなす子もいる。

その一方で、明らかに使われる子もいる。

 

実はこの違いは、将来の過ごし方を決めるものかもしれない。

あくまで僕の経験則の範囲だけど…そんな気がする。

 

ひとつ、確信を持って僕が言えること。

完全放置で何でもOK!はマズイでしょ、ということ。

何でもありで楽しければOK!がオカシイでしょ、ということ。

 

時代の変化・流れにただ乗っていくのではなく、

達観視して見極めたうえで乗っていくゆとりや冷静さも大切だ。

 

…そんな想いを抱きつつ、今日もガンバリマス。

 

熊(熊谷)

 

 

 

 

 

熊の熱き想い149【講師コラム】近場のオススメスポット・大人編!

■再び…くだけたコラムを!

 

今年のゴールデンウィークはロングランだ。

向上館は明日から5月5日(日)までがお休みとなる。

 

子どもたちは部活動やクラブ活動等で忙しい子も多く…

僕自身もお休み中にあれこれと進めることもあり…

とはいえ、土日+祝日が続く期間。

 

10連休のうちで何もない日は1日〜2日だけ!という子も。

半分程度に部活動&クラブ活動が入っている子も。

大人も然りで…仕事が入っている場合も多い。

 

泊まりがけの家族旅行や遠方へのお出かけがままならない!

でも、少しばかり近場でリフレッシュしたい!

…で、僕のオススメスポットをご紹介します。

 

 

■これはあくまで「大人編」です

 

ここから書く近場のオススメスポットは、あくまで大人編。

子どもが夕方まで部活動に行っている時間で…

1日だけ何とか時間がとれたから日帰りで…

こんな時のオススメスポットを幾つかご紹介。

 

★やっぱり温泉でしょ!!

以前もコラムに書いたが、日帰り温泉は癒される。

日航亭大湯様(熱海市)・あやめ湯様(伊豆の国市)・神代の湯(伊豆市)は、

泉質も良く、あやめ湯様を除いて無料の和室休憩所もある。

ゆっくりと湯に浸かって…のんびり休んで…には最高の環境。

 

★気分をかえてお茶したい!!

コーヒーや紅茶を飲みながら…もいいリフレッシュになる。

irodori様(函南町)・CAFEKICHI様(熱海市)・東府やResort様(伊豆市)は、

雰囲気も落ち着いていて、ゆっくり&のんびり出来る。

三島市内や観光地にもカフェはたくさんあるので…それもイイ。

 

★せっかくなので冒険したい!!

ゴールデンウィーク中はだいぶ混み合うだろうけど…

熱海港から乗船し、20〜30分で行ける初島(熱海)は何気にオススメ。

小さい島の中に、食堂街やカフェやアスレチック施設等がある。

個人的には…船がまぁまぁ揺れるのがスリリングだ…

 

 

■他にもたくさんあるけれど…

 

近場のオススメスポットを思いつくままに書いてみた。

スマホで検索!で他にもあれこれあるだろう。

 

このゴールデンウィークで、僕自身も少しばかりリフレッシュする。

同時に今進行中の仕事を進めつつ、構想中の事項を固めていく。

 

連休前、まずは今日のまいぜみONEをフルパワーで!!

 

熊(熊谷)

 

 

 

熊の熱き想い148【講師コラム】焼き肉orラーメンをかけた戦いが始まる…!!

■ガンバルタイムに出陣します!

 

今年度1回目のテスト直前ガンバルタイムは今週末日曜日。

初陣は…北中の3年生だ。

 

ゴールデンウィークのお休み前日の定期テスト(春季テスト)だ。

今回、僕も社会で出陣することに。

 

先週土曜日、テスト範囲を確認して…プリントを準備&配布。

↓今回の北中3年生のテスト範囲!

・地理が九州〜北海道地方まで

・歴史が自由民権運動〜第一次世界大戦の前まで

…ということで広範囲からの出題になっている。

 

普段はまいぜみONE担当の僕なので、授業は担当していない。

カリキュラム上は授業は終了しているが、だからOK!なんてこともない。

まずは…覚え直しのためのオリジナルテストを実施することに。

 

さて…どうなるだろうか…

 

 

■地理で150問&歴史で100問!

 

1点でも多く取って欲しい!という想いでのオリジナルテスト。

ガンバルタイムまでの期間での抜き打ち実施を告知。

 

注意事項等を記載した表紙をつけて、冊子形式で準備&配布。

合格点は、全員一律で1問1点での9割設定にした。

少し甘め…なのだが…地理は135点合格&歴史は90点合格だ。

250点満点で225点合格、のオリジナルテスト。

 

ナントナク勉強、では高みは目指せない。

ひとまずやった、では中途半端になってしまう。

僕のオリジナルテストの核は、あくまで「徹底」だ。

 

そして…よせばいいのに…つい言ってしまったことが。

 

 

■焼き肉orラーメンをかけた戦い!!

 

受験までの日々は団体戦だ。

団体戦、と言っても少し意味合いが違う。

個人戦且つ団体戦、だ。テニス・卓球・剣道等と似ている。

 

一人一人が全力を尽くし、個人とチームでの勝利を目指す。

一人一人がチームの雰囲気を創り、全体が高みを目指す。

そういった意味で、個人戦且つ団体戦だ。

 

そんなこんなでついつい…

「全員が合格したら焼き肉食べ放題をご馳走する!」と宣言。。

「徹底して準備せよ!!!!」と吠え…

「おぉ〜!!!!」と。。

 

それだけだとちょっと可愛そうななのでついつい…

「1人だけ不合格…の結果ならラーメン一杯をご馳走する!」と宣言。。

「但し…チャーシュー麺等はナシで基本のラーメンで!笑」と追加。。

「おぉ〜…!!??」と。。

 

言ってしまった以上、約束は必ず守ります!

何気に几帳面な僕は…既にお財布の中にご馳走用のお金をストック。。

(ラーメン一杯の方がだいぶ助かるな…)と想いつつも。。

 

ガンバレ!!!!北中3年生!!!!

 

 

■ご馳走するのが良いという話じゃなく…

 

子どもたちに負荷がかかるテストだからこそ。

受験生としての初回のテストだからこそ。

明るく!ゲンキに!厳しく!マジメに!取り組んで欲しい。

 

…今回に限らず、僕は「●●をかけた戦い」シリーズをやってきた。。

今回、どんな結果になるかを楽しみにしている。

もちろん、合格するまで、時間が許す限り追いかけていく。

 

準備なくして成果ナシ!我慢なくして高みナシ!

もう一度…ガンバレ!!!!北中3年生!!!!

 

熊(熊谷)

 

 

熊の熱き想い147【講師コラム】思いやり溢れる君へ

■常々感じること

 

20年程、子どもたちと対峙している。

普段の何気ない様子から、様々なことを感じる。

 

こんにちは〜!と教場に入ってくる時のコトバのトーンや表情。

カリカリと問題を解き進める時の手や顔の動きや姿勢。

僅かな休憩時間での仲間との会話や全体の中での振る舞い。

ノートやプリントの丁寧さや乱雑さ。

…挙げていくとキリがない。

 

そういった中で、常々感じること。

思いやりの気持ちの素晴らしさだ。

 

 

■周囲との関係性の中での自分の立ち位置

 

ワレカンセズ!の唯我独尊状態の子はレアケースだ。

もちろん、思いやりの気持ちをどう表すかに個人差はあるが。

 

先日、こんなことがあった。

ささいなワンシーンだが、なるほどな〜と思った。

 

まいぜみのファイルを僕に渡す時の君。

ファイリングしやすいように留め具を外して持ってきた君。

向きも僕が見やすいように持ってきた君。

僕が「優しいな〜!偉いな!」と声をかけたら「当然です!」と言った君。

これまでも多々感じてきた、着の思いやりのひとつだ。

 

科目の勉強の状況がどうであれ、素晴らしいことだ。

思いやりの気持ち=周囲と自分を見つめていること、でもある。

 

僕に対してだけのことじゃなく、仲間や家族に対しても。

より愛されるため、より逞しくなるため、思いやりの気持ちは大切だ。

 

 

■強さ=唯我独尊じゃない

 

自分が強ければ構わない!というのは強さじゃない。

類い希なるよほどのポテンシャルがあるとしても、だ。

 

20年程前と今とを単純に比べると…強さの価値観の変化を感じる。

そこには様々な要因があるのだろうが、少し寂しさも感じる。

 

唯我独尊は強さじゃない、が僕の考えだ。

生きていく限り、死ぬまでずっと、人は他者と関わっている。

 

…そんな想いを抱きつつ…今日もガンバリマス!

 

熊(熊谷)

 

 

 

 

 

 

 

12345>|next>>
pagetop