August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【講師コラム】縦横無尽355・耳のコンピューター

大木の講師コラムです!

女性講師ならではのしなやかさ!!

 

 

■事前課題、提出日

 

各教場で中3勉強合宿「極」、
事前課題提出日を迎えています。

 

今年は5科目の入試問題で構成された事前課題。
かなりの手応えがある関門です。

 

 

■それぞれの工夫

 

付箋をつけ、自分を悩ませた問題を目立つようにする。

 

頑張っても腑に落ちなかった設問について、
「先生に聞く」と、ペンで覚え書きを加える。

 

ケアレスミスについて、「気をつける!!!!」と、自分を叱咤激励する。

 

皆の2週間の努力が、紙の上に刻みつけられています。


■「成長した自分」への喜び

 

かつて宿題の滞りがちだった子が言います。

「終わらせられた、ってことが嬉しい!」
そんな自分にビックリするような顔。

そして、スッキリ晴れやかな笑顔を見せてくれました。

 

提出してくれた中身から、苦手科目へ強く立ち向かった様子が見て取れます。

 

■ear computer

 

英作文で、「部屋が暑い」ときの対処法を書く問題。
英語のとても苦手な子が、しかし諦めずに書いたのがear computerです。

 

目を通す私は、
「耳?コンピューター?」
と一瞬怪訝に思います。

 

が……
きっとエアコン(air conditioner)使用の提案だ!
と気付き、強烈な感動に揺さぶられました。

 

airがear?何を間違っているの!
コンはcomputerじゃないよ!
とかではなく。

 

英語、本当に苦手なのに。
英作文なんて一番逃げたいだろうに。
「わからなーい!」と諦め、
答えを見て赤ペンで書けば楽だったろうに。

 

自分の力で頑張ったのが、明らかに伝わってきます。
この一歩の、どれほど大きいことか。

 

■劇的な紙束

 

正解か不正解かではなく、
こういう努力の結晶が見えるから、
「極」の課題は、紙束なのにひどく劇的です。

 

課題提出、残るはスクールING。
皆の努力が結集する提出日を、本当に、楽しみにしています。


頑張れ!受験生!!!!

pagetop