ガンバル塾生記録【第162回】プロゼミ1号館、中学3年生の男の子のご紹介です。

0

    ■ガンバル塾生■
    第162回[2/7(木)更新]

     

     

    中学3年生が私立高校入試を終えました。
    そんな入試初日のプロゼミ1号館、中学3年生の男の子。

    かねて進学を望んでいた高校に、内申をしっかりと上げ、
    たどり着いた彼です。
    学科試験を終え、「数学やばっ!」というのが彼の感想。
    「でも英語できた!」と笑顔。
    屈託のない、本当に良い表情でした。

    翌日に面接を控えたこの日、塾内でも面接練習をしたのですが、
    彼は前回の練習と比べ、格段に上達していました。
    語尾が少々伸びてしまう癖があったのが、すっかり消えています。

    前回の練習後、「直そう」と意識し続けたのでしょう。
    正直なところ、
    「注意したことがそのまま変わらない・活かされない」ケースもあります。
    けれど彼は違う。
    「自分では分からない……」と困り果てていた弱点を、
    克服してみせたのです。

    その高校への切符を手にするために、頑張ってきた彼。
    想いを遂げられることに、じんと感動を覚えます……
    間もなく桜が咲き誇ります!


    コメント
    コメントする