July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

PaPaの喜怒哀楽 196

今週末から始まるゴールデンウィーク。

中1は仮入部を終え、中3や高3は進路希望調査など、
この一年間にやることが決まります。

自分の将来を決める大事進路。
まだ先と思う子もいれば、既に受験校を決めている子もいます。
先のことを考える良い機会。

進路に関して、大学入試制度のニュースで気になることが……。

大学側が文・理系に大別された「専門学部制」をしいていることから、
高校側(進学校)では、大学進学志望者を早期から文・理系クラスに分け、
それぞれに対応したカリキュラム編成、科目履修、授業内容を展開しています。

ここで問題となるのは、進学志望者の進路志望。
高校2・3年生の段階で、自分の適性を自覚し将来の進路(専門分野)について、
確信をもっている子はいるだろうか。
また、進学志望者の文系理系の決め手は多くの場合、
「数学」の出来、不出来(成績)を基準に選んでいることが多い。
そのため、理系への進学を封じてしまう、食わず嫌いの
「理科離れ」を生んでいるように思えます。

僕のオススメは、「何を学んでいるときにワクワクするか」という選び方です。
たとえば、物理の問題を解くのが面白いから理系にしよう、
歴史の授業がいつも楽しみだから文系に行こう……など、
好きな科目で選ぶのは有りです。
興味の持てないことを嫌々学ぶよりは、
知的好奇心を刺激される時間を送る方が、誰だって楽しいから。
大学教授が書いた本が面白くて一気に読んでしまったとか、高校の授業で途上国の経済
について調べる時間が楽しかったとか、様々なところにワクワクの種は隠れています。

もう一度、この連休にこれまでに自分が何に興味を持ったか、
考えてみては如何でしょう。
 

縦横無尽 195

中学1年生たちが、どんどん「中学生らしく」なってゆくこの季節。

部活が……!とか先輩が……!とか、
きっと1ヶ月前には想像もつかなかっただろうことで
盛り上がっています。

通塾歴の長い子で、小学4年生のころから一緒に時を過ごしてきました。
あのころはあんなにお子様だったのにねえ……と
目を細めてしまうような場面もあります。

今中学1年生たちは、実に真面目に、よく頑張っています。
これから様々な経験を通じ、さらに変化をしていくことでしょう。
変わるべきところは変わる、でも
「真面目に頑張る」という核の部分はしっかり持ち続ける。
向上館はそんな場所でありたいと思います。

さて、「初心忘るべからず」とはよく聞く言葉ですが……
これは単に
「最初のころの気持ちを忘れてはいけない」
という意味ではないそうです。

何かしら物事に対して不慣れだった、できなかった自分。
それに伴う恥ずかしさや悔しさ、
克服するために努力したこと。
そうした過程すべてが「初心」。

また努力の末に克服したとしても、それで慢心するのではなく、
「未熟だった自分」を決して忘れず、次の物事に挑む。

したがって初心とは「最初の心」というよりも、
「初心者」の初心であるようです。

いつも未熟であるからこそ、次の何かに挑むことができる。
挑戦を続ける以上、いつだって何かの初心者です。
そのことに、子どもも大人も違いはありません。

子どもたちとともに、初心を忘れず、私たちも頑張ります!
 

復活コラム・熊の熱き想い 14

今週のライブ授業の振り返りと来週の予定。

★月曜日
中1英語はbe動詞を含む英文の続き。
This is〜.That is〜.を進めた。
重視したのは、冠詞・形容詞・名詞の並び。
いつも通り、英作文中心の組み立てだ。
中学校別に一気に&ビシビシと。
次回はbe動詞の総まとめを進める。
GW前には単熟語テスト(分量膨大)を実施!
元気に、楽しく、厳しく、進めていく。
Topicは・・・Nさんだ。
中学入学に合わせて英語学習を始めた子だ。
とても不安そうな表情で開始を待つ表情。
大丈夫だぞ!と励まして、ニコリと微笑んだ。
コツコツと頑張ろうな。

★火曜日
中1英語は月曜日と同内容。
女の子中心のクラスなのだが、とても明るい。
取り組みも真面目で、とても心地良い。
こちらもGW前には単熟語テスト(分量膨大)を実施!
中2英語は過去進行形とlook+形容詞&過去形テスト。
英作文中心でいつも通りに進めた。
集団の雰囲気がメリハリがあってGood!なクラス。
ホンモノの力をつけさせてあげたい。まだまだ、だ。
Topicは・・・Kくんだ。
サッカーのトレセン等で忙しい中通っている。
時には22時前に到着して居残りで頑張ったことも。
続ける、というのは一番大変なこと&価値あること。
彼を見ていると、僕も頑張ろう!と思う。

★火曜日&金曜日
小5・小6国語はコトバの知識編。
テスト形式で3セットを進めた。
中学受験用の教材を使用しているのだが、
多くのコトバを知り、それを活用することは重要。
大人でも難解なコトバがてんこ盛り・・・だ。
解くスピードに差が出てきたので注意必要。
次回は作文編、課題3を扱う。
素晴らしい教材!なのだが、それをしっかりと。
Topicは・・・Sさんだ。
5年生の子なのだが、見事な国語力がある。
速い、ミスがない、丁寧、と3拍子揃っている。
習い事で忙しい中、通塾も頑張っている子だ。
いつも清々しい挨拶をするのでジーンとくる。。

★木曜日
中3英語は現在完了の続きと過去分詞テスト。
重視したのは疑問詞疑問文&beenの用法など。
英作文中心の組み立て、レベル別にガンガンと。
・・・Sクラスはピンチ。忘却の彼方の子がいた。。
次回は経験・完了用法を仕上げていく。
Sクラスは授業前に早呼び補習を実施!
両クラス、過去分詞テスト再試者は居残りを実施!
高みを目指す一枚岩の集団を創っていきたい。
Topicは・・・Sくんだ。
英語が苦手な状態で昨年入塾した子。
恐らくは伸びていくだろうと思っている。
言われたことをきちんと実行しているからだ。
一見斜に構えたように見えるが、そんなことはない!

子どもたちの成長に負けないよう、
僕自身が率先垂範で頑張りたい。
来週もガンバリマス。

熊(熊谷)

PaPaの喜怒哀楽 195

気がつけば4月中旬。本当に毎日が早く過ぎていきます。

今日は,、小学6年生と中学3年生を対象に全国学力調査がありました。
科目は例年通り国語と算数・数学の2教科。

先日の地震の影響で熊本県ではすべての小中学校で調査が中止され、
宮崎県の一部でも中止になりました。

8月に結果が出るとのことで、静岡県としてどこまで公表するか
対応が気になるところです。

中学生では他の学年も進級テストと称してテストを行った学校もあり、
本当にお疲れ様でした。

中2の理科。

化学分野からのスタート。
これからの基礎となる元素記号・化学式のテストを行っています。

得意な子も、苦手な子もまずは暗記しなければ始まりません。
ここを疎かにすると、この先の受験にまで響いてしまいます。

苦手な子も多い学年ですが、みんなで必死になって勉強する姿は
良い雰囲気を醸し出しています。

まだ、不合格者もいますが、全員合格目指してがんばりましょう!
 

★GWのお休みについて★

4月29日(金)〜5月5日(木)の期間、
ゴールデンウィークのお休みを頂戴致します。

5月通常授業は5月6日(金)より開始です。

お休み中の各種ご連絡につきましては、
お電話又はWebメールにてお願い致します。

どうぞ宜しくお願い致します。

★二者&三者面談を受付中!★

新小4から新高3まで、
随時二者又は三者面談を受付中です。
進級・進学に合わせたこの4月・5月に
学習相談や進路相談等を
ご希望の方はどうぞご連絡下さい。
実施日程等を調整のうえで、
・二者(講師と親御様)面談
・三者(講師と親御様とお子様)面談

の何れかの形態で実施致します。
どうぞ宜しくお願い致します。

縦横無尽 194



2016年度の予定が出揃い、さっそく掲示。
早くもカウントダウン気分になってしまいます。

11か月先の合格発表……
こうして見ると、本当に激動の2月・3月。
この嵐を乗り越えるために、今は鍛錬の期間です。

来年のことも大切ですが、
まずは1週間後に迫る特進クラス説明会・見学会。
わざわざ足をお運び下さる皆様にとって
有意義な時間となるように!と努め、準備を進めております。
申し込みの締め切りは本日。お待ちしております!

PaPaの喜怒哀楽 194


昨夜、自宅に帰りテレビをつけるとすべての番組で、
熊本県の大地震のニュースが流れていました。
最大震度7を観測した今回の地震。
余震回数が多く、規模も大きいのが特徴で、
現地の人々の不安をより一層大きくしています。

一夜明け、被害の大きさが徐々に分かり、
死傷者も多数出ています。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

そこに流れた、残念なニュース。

災害発生時には、さまざまな情報が飛び交う。
悪質なデマが、短文投稿サイト「ツイッター」に投稿され拡散しました。

被災者にとってはとても迷惑な話で、
デマで被災地を混乱させれば、避難への悪影響、
ひいては命の問題にもかかわります。

現地の様子や安否確認を迅速に行える良いアイテムを
このようなマイナス面で使用することは残念でなりません。

便利なツールも、使い方を間違えてしまえば役に立ちません。
正しい使い方をしましょう。

縦横無尽 193

ここ最近の小6理科、
「ものの燃え方」を学習中です。

子どもたちにとって初めての言葉が多く、
こちらがツッコミに回ることがたくさん。

「えーと二酸化マシンガン!」
 二酸化マンガンだよ。マシンガンあぶないよ。
「二酸化炭素水!」
 それ炭酸水だよ。過酸化水素水だよ。

ああでもないこうでもないと
元気に声に出しているうちに、
だんだん正しく定着してくるのが
見ていて微笑ましいです。

酸素の集め方を図に描くとき、
「失敗しやすいから気をつけて写してね!
私が描き終わるのを見てからバランスとってね!」
と前置き。

几帳面に整った図を描く子もいれば、
決してふざけているわけでもないのに
「……あれぇ?」と
オリジナリティ溢れる謎絵画に発展してゆく子も。
これもだんだん慣れていくよ。大丈夫。

テキストにある図をパッと見れば楽ですが、
自分で試行錯誤して描くことで、培われる力もあるはず。

子どもたちの頑張りが記録されたノート。
上手か下手かではなく、
一生懸命かどうか、工夫できたかどうかで見つめています。

★向上館新聞!第3号!★


<<back|<108109110111112113114115116117>|next>>
pagetop